ショコラとララの日常をpyuがつづります。
by shokola2004
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ゴロゴロ
b0053885_2191879.jpg

ゴロゴロって気持ちいいですよね。私も大好きで毎日ふたりの音をきいています。雑誌でゴロゴロのことが詳細にあったのでアップしてみます。ご存知の方も多いかもしれませんが 発見なこともありました。

Q ネコのゴロゴロ声って 気持ちいいときにだす声なの?
 リラックスしているときや、寝ているときにもだすのですが、実は気持ちいいとき以外にもごろごろ声をだすことがあるのです。
  なんと、自分の病気やケガを治すときにもだしているようです。
 喉頭質皺壁(こうとうしつしゅうへき)といわれる、本来の声帯とは別の仮声帯があり、ごろごろ声はその声帯の筋肉を収縮されたり 横隔膜を動かすことによって出る音。

  ゴロゴロ声の周波数は27~44ヘルツで動物の骨の密度を高める周波数と一致。

  死期が近づいていたり 病気を患っている猫の場合100ヘルツのゴロゴロ声を発して痛みを緩和したり 呼吸を楽にしているとも考えられています。
 つまり ゴロゴロ声は骨折の回復を早めたり、そのほかのケガや病気の痛みの緩和に役立っているよう。
                     (引用元:麻布大学獣医学部 武藤教授)
   
この記事を読んでから 「骨の密度がよくなるのね!?」と思い 前よりゴロゴロを近づけてきくようになりました。(#^.^#)
 もっとも、ニンゲンには1.5メガヘルツというもっと高い周波数が修復力を高めるそうです。
[PR]
by shokola2004 | 2005-03-07 21:20 | lala
<< 「てやんでぃ」 ブチャ顔が続いたから汚名挽回 >>